オイリー肌だからこそ保湿スキンケアを

オイリー肌の人は皮脂が多く分泌されているので
肌が乾燥しないと思っている人がたくさんいます。

 

ですが、実際には肌が乾燥しているからこそ皮脂の分泌が大量に行われいるケースは少なくありません。

 

そもそも皮脂が分泌されるのは肌の乾燥を防ぐため。

 

肌が乾燥していると皮脂が多く分泌されてしまうので、洗顔後にしっかりと
保湿スキンケアを行うことによってオイリー肌の改善を行なうことができる場合もあります。

 

なお、オイリー肌の人は洗顔方法にも気を使うようにしましょう。
肌がべたつくため、ついつい洗浄力の高い洗顔料で顔をゴシゴシと洗いがちですが、これは完全にNGな洗顔方法になります。

 

オイリー肌の正しいスキンケア方法

 

正しい洗顔方法は、十分に泡立てた洗顔料を顔の肌に乗せて指の腹でクルクルと小さな円を描くように優しく丁寧に行います。

 

Tゾーンやあご先などの皮脂の分泌が多い部分は多少長めに洗顔を行うだけで十分です。

 

洗顔が終わったら保湿力の高い化粧水や収れん作用(毛穴引き締め効果)のある化粧水で肌に水分を補給してあげましょう。

 

注意したいのが乳液やクリームの使い方です。

オイリー肌の人は皮脂がすぐに分泌されるので、乳液などを使う必要が無い場合があります。

 

そのため、目の周りや口元などの乾燥しやすい部分にだけ乳液やクリームを使うようにしましょう。

 

>>私が脂性を克服できた3つの方法はこれ!

 

オイリー肌の人に嬉しい栄養素

オイリー肌の人は皮脂の分泌を抑える効果のある栄養素を摂取するようにしましょう。
積極的に取り入れたい栄養素としてビタミンB2とB6があります。

 

ビタミンB2はうなぎや海藻、卵、乳製品、レバーに多く含まれています。
ビタミンB6は麦芽や大豆、魚類、レバーに多く含まれています。

 

 

避けたほうが良いものは、動物性の脂と砂糖です。

 

これらは皮脂腺を刺激して皮脂の分泌を促進させてしまうので、量を調節するように心がけましょう。


脂っぽいオイリー肌を改善させる簡単な方法関連ページ

改善のためのスキンケア方法
オイリー肌の人は、顔にテカリが出たり、化粧ノリが悪かったり、メイク崩れが起こりやすいなどの問題が起こりやすいです。 もっと快適な肌にするために、様々なスキンケアを実践しているけれどなかなか効果を実感することができないという方はもしかすると間違ったスキンケアを行っているかもしれません。
脂性の私が肌質改善できた理由
憧れるのは絹のようなすべらかなお肌。
でも現実は脂でテッカテカ・・・そんなの嫌ですよね。
このページはそんな脂性を克服した私の3つの秘訣を教えちゃいます。