肌の老化を防ぐスキンケア

保湿が老化を防ぐ

肌の老化を防ぐためには保湿ケアが重要となります。
年齢を重ねると、肌本来が持つ保湿力が低下してしまいます。
すると、肌がゴワついたり、シワシワとした印象に。
また、肌が乾燥することによってシワができやすくなったり、毛穴が開いたり、肌のハリが失われてたるみが出てきます。

 

さらには肌のターンオーバーを遅らせるのも肌の乾燥が原因のひとつ。
そのため、スキンケアで十分な保湿を行うことが肌の老化を防ぐのに効果的であると言えます。

 

肌の老化が目立ちやすいのは目の周り、口の周りです。
これらの部位は皮膚がとても薄いため乾燥しやすく、シワや影が出来やすいため、年齢を感じさせやすくなります。
そのため、目元、口元は他の部分よりも念入りな保湿を心がけるようにしましょう。

 

肌を若返らせる栄養について

肌を美しくする、あるいは若返らせるための栄養として、コラーゲンやヒアルロン酸、アミノ酸などがあります。
これらはサプリメントに配合されていたり、美容ドリンクなどに配合されていますが、どれほどの効果があるのでしょうか。
まずは肌の仕組みを知ることが重要となりますので、その説明からしていきたいと思います。

私たちの肌のしくみ

肌は角質層、真皮層、皮下組織層から成り立っています。
このうち、コラーゲンやヒアルロン酸を含んでいるのは真皮層。
真皮層で、コラーゲンの線維が規則正しく並ぶことによってバネのような役目をもち、これによって肌に弾力が生まれてハリのある肌を実現しています。
しかし、紫外線、ストレス、活性酸素などによってコラーゲンは破壊されてしまうため、徐々に肌にハリや弾力がなくなってしまいます。
コラーゲンが不足すると肌のたるみやシワができる原因にも。
なお、このコラーゲンの線維の間にヒアルロン酸が含まれていて、ヒアルロン酸が水分を保持することによって肌の潤いをキープしています。

 

つまり、コラーゲンとヒアルロン酸があるからこそ、肌に潤いが生まれ、ハリのある瑞々しい肌を実現することができるということになります。

 

化粧品などにコラーゲンやヒアルロン酸が配合されているものがあります。
これらの化粧品はとても高い人気を持っていますが、外側からの働きかけだけではなく、体の内側、つまり食べ物から摂取することも効果的です。

 

コラーゲン、アミノ酸は肌を作り出す原料となる栄養素ですので、肌のターンオーバーを高める効果を期待することができます。
また、ターンオーバーを促進させるための成長ホルモンの分泌にも効果的ですので、肌の老化防止にとって大事な栄養になります。

 

その他にも、コラーゲンの生成を行ったり活性酸素の阻害を行うビタミンCや、大豆製品に多く含まれているイソフラボン、細胞の代謝を高めるミネラルや抗酸化作用に優れるポリフェノールなどを効果的に摂取するのも効果的です。

 

毎日の生活でアンチエイジングスキンケア

肌の老化を予防するために、日常生活の中でも気をつけたいことがたくさんあります。そのなかでも大事な3つのポイントを紹介します。

 

睡眠を十分に取ること

私たちは睡眠中に成長ホルモンが多く分泌されるので、睡眠をしっかりとることによって肌のターンオーバーを高めることができます。

 

運動で汗を流すこと

運動によって血行が促進され、さらに身体に溜まった老廃物を汗によって流すことでターンオーバーが高まります。

 

1年を通してUVケアすること

紫外線は肌の老化を進めてしまう原因のひとつですので、毎日の生活の中で紫外線を多く浴びることが無いようにUVカットを心がけるのも大切なことです。