脂性肌にオススメ!化粧水の選び方

「肌が脂っぽい」「洗顔をしてもすぐにべたついてくる」という脂性肌の方は、脂っぽさをなくすために洗浄力の高いスクラブ入りの洗顔料で入念に顔を洗い、べたつかないようにさっぱりめの化粧水をつけて乳液やクリームは控える、といったスキンケアをしている方が多いように思えます。

 

しかしこれではいっこうに脂性肌は治らないでしょう。

 

そもそも皮脂の分泌が多くなるのは、肌が乾燥していることが原因なのです。

 

水分量の少ない肌は紫外線などの外部刺激に弱くなってしまい、その刺激から肌を守るために毛穴が皮脂を分泌しようとします。
皮脂はいわば乾燥肌を守るバリアの役割を果たしているのです。

 

つまり、肌が乾燥しておらずみずみずしい状態であれば外的刺激にも強くなり、皮脂が過剰に分泌することもなくなります。

 

そこで重要になってくるのが「洗顔」「化粧水」です。
なるべく肌に負担をかけずにすみずみまで汚れをきれいに落とせる洗顔料と、水分を肌の奥まで届けることができる化粧水が脂性肌を改善するために欠かせません。

 

このどちらも兼ね備えた商品を扱っているのが「ビーグレン」です。

 

次の章では、ビーグレンがどのような化粧品なのか紹介していきます。

 

 

ビーグレンの特徴

ビーグレンという化粧品を知らない方も多いと思います。テレビCMはやっていないので、ネット上でしか見かけることはないでしょう。

ビーグレンはアメリカのビバリーグレン研究所という、アメリカの化粧品会社が手がけているコスメです。
アメリカ発なのですが、日本のユーザー向けに、日本人に合った商品を研究して開発しています。

価格 1800円
評価 評価5
備考 トライアルセットあり
ビーグレンの総評

ビーグレンがなぜ脂性肌の方におすすめなのかというと、それは何といっても
「浸透力」。
「高浸透」と謳っている化粧水はたくさんありますが、ビーグレンは特許を取得した医療レベルの浸透力を誇っています。
どんなにいい成分でも肌の奥まで浸透しなければ、意味はありません。

ビーグレンは化粧水にコラーゲンヒアルロン酸アルブチンを、美容液にはビタミンC誘導体を高濃度配合して、美容にうれしい成分を独自の浸透テクノロジーでどんどん肌の奥に行き渡らせます。

これにより乾燥肌の改善と過剰な皮脂分泌の解消が期待できます。

 

 

 

洗顔もビーグレンで決まり

さて、もうひとつ忘れてはならないのが洗顔料です。
ビーグレンの洗顔料は、泡立てないのが特徴。
 
成分はナチュラルクレイ(天然の泥)でできていて、メイクの汚れや毛穴の皮脂汚れまで吸着します。
なのでメイク落としいらず、泡立ていらずできれいさっぱり汚れを落としてくれる何ともお手軽な洗顔料なのです。
超微粒子のクレイなので、肌を傷める心配もありません。敏感肌の方にもオススメです。

ビーグレンでの化粧水の選び方

ビーグレンには単品販売と、肌の悩み別に合わせたセット販売があります。

 

セットは「シワ・くすみ」「ニキビ」「しわ・エイジング」「毛穴の開き・黒ずみ」の4種類で、残念ながら脂性肌用はありません。

 


しかしこの中だと、先ほど紹介した「クレイ洗顔」「高浸透の美容液」「高濃度ビタミンC配合の美容液」がセットになっている「毛穴の開き・黒ずみ」がおすすめです。

 

トライアルセットは1890円とお手頃ですし、今ならモイスチャライジングゲル(10g)もついてきます。しかもトライアルセットでも365日間返金保証の対象ですので、気軽に試すことができますよ。

 

今の脂っぽい肌をどうにかしたいと思っているなら、ビーグレンを試してみてはいかがでしょう。

>>ビーグレンの詳細はこちら<<