ほうれい線対策の食事療法はどこまで効果が見込めるか

ほうれい線対策では化粧水とマッサージが最も有効ですが、食事による対策も必要不可欠です。

 

「よく健康番組で食事療法がやってるけど、あれって本当に効果あるの?」
と疑問視されている方もいらっしゃることでしょう。

 

食事療法の特徴としては、化粧水やマッサージと異なり身体の中から肌ケアを行うことにあります。

 

結局のところ、肌ケアの柱は「肌細胞の分裂促進」にあります。
つまり、古くなった肌が若い肌に入れ替わる周期を整えることに尽きるのです。
身体の外側、そして内側から肌環境を整えることは十分意味があります。

ほうれい線を悪化させるのは「砂糖」

ケーキやパンには砂糖がたくさん入っていますね。
この砂糖、実は肌を老化させる怖い物質なのです。

 

砂糖を多量摂取すると、「リポフスチン」という悪性の物質が発生します。
これは「老化色素」と呼ばれていて、肌のシミやシワに直接関係してきます。

 

リポフスチンが発生すると、細胞が機能不全に陥り、肌細胞が破壊されます。
メラニンにも似た褐色の色素沈着が発生し、シミの原因となります。また、肌細胞の分裂機能がなくなりますので、肌奥に老廃物が溜まり続け、やがてはほうれい線のような表面に目立つシワが刻まれるようになります。

 

もともと砂糖はミネラルやカルシウムを奪い取ってしまうので、悪性の細菌が繁殖しやすく、アクネ菌(ニキビの元)の発生にも繋がることで知られています。
砂糖は肌にとってはデメリットだらけなので、摂取量はほどほどにしましょう。

 

砂糖に交代するオリゴ糖

オリゴ糖は砂糖の半分程度の甘さで、カロリーも3分の1程度です。
いままで料理の調味料やコーヒーなどに砂糖を使っていたのであれば、今後はオリゴ糖に代えてみてはいかがでしょうか。
甘さ控えめで便秘改善の効果もあるので老廃物の排泄という点では肌にも優れています。

 

摂取するべき食べ物

では逆にほうれい線対策に効果的な食べ物とはなんでしょうか。
その答えは「ビタミンC」と「コラーゲン」を含んでいる食べ物です。
ビタミンC群は「レモン、アセロラ、ミカン、キウイ、イチゴ」などの柑橘系果物に含まれており、コラーゲンは「鶏や豚」の肉類に多く含まれています。

 

ただし、注意点もあります。
エステやクリニックでビタミンCや誘導体を直接注射で注入する方法もあるように、ビタミンCは体内に吸収されにくい栄養です。

 

ビタミンCが豊富の食べ物をたくさん食べても、身体に吸収されるのはごく僅かなので、サプリや化粧水などと併せて補給することをおすすめします。

 

またコラーゲンに関しては過剰摂取に注意が必要です。
コラーゲンと言えば聞こえはいいですが、結局のところたんぱく質の塊です。
食べ過ぎれば太りますし、お肌にもいいわけではありません。

コラーゲンサプリは摂取すべきでない理由

現代の日本人は昔と異なり、ほぼ毎日3食のいずれかで多少なりとも肉類は摂取しているかと思います。
「お肌にいいから」という理由でさらにサプリでコラーゲンを摂取すると、これは過剰摂取につながります。

 

研究者によっても意見は分かれるところですが、日常的に肉類を摂取している食生活を送っていれば、それだけで必要摂取量は足りるので、サプリを併用する必要はないという見解もあります。

 

ほうれい線の対策として必要不可欠なビタミンCとコラーゲン。化粧水や美容液にも含まれている成分なので、日々摂取を続けるのは比較的簡単かもしれませんね。

 

>>ほうれい線対策コスメの体験レビューはこちら<<

ほうれい線対策に食事療法は有効か?関連ページ

ほうれい線で見た目年齢が上がる
お肌は年齢・体調・環境、さまざまな要因によって影響を受け、トラブルが起きてしまいます。そうなるといつも通りのスキンケアでは対処できないことも。年齢や環境は自分ではどうすることもできないので、それに合ったスキンケアに変えていくことが大事です。このサイトでは肌の悩みの原因から対策まで紹介します。
30代のほうれい線は出産が原因!?
30代になると若い頃とは生活が一変します。
結婚・出産・育児など、人生の大きなイベントがたくさんあります。
とても素敵なことが多いのですが、それとは反対にお肌は衰え始め、
肌の悩みが増えていく頃でもあるのです。
生活習慣を正せばほうれい線が消える?
化粧水やマッサージを毎日を行っているのに、一向にほうれい線の回復に向かわない方もいます。 「化粧水が悪い」、「マッサージは効果がない」などと考えているかもしれませんが、もしかしたら別の理由かもしれません。
ほうれい線はクリニックで改善できる!
ほうれい線の治療法はいくつかありますが、
エステでももちろんのこと施術を受けることができます。
ではエステでは一般的にどのような治療法が行われるのでしょうか。
また、それは本当にほうれい線に効果があるのでしょうか。
化粧水でほうれい線を解決しよう
ほうれい線を消す最もポピュラーな方法が化粧水ですね。
化粧水にはお肌に効果的な成分が豊富に含まれていますので、
根気良く使い続ければそれなりの効果は実感できるはずです。
当サイトでもほうれい線に効く化粧品をご紹介しておりますので、
是非試してみてください。
ほうれい線を消すためにはマッサージをしよう!
自宅で気軽に行えるマッサージでも、ほうれい線対策をすることができます。
高価なエステに通わずとも、日々続けていればしっかりとした効果を
実感することができるはずです。
ほうれい線専用クリーム「Pure&Silk」の魅力とは
今回ご紹介するのは「Pure&Silk」と呼ばれる化粧クリーム。
他の数多ある化粧品と異なり、「ほうれい線」と「口元のシワ」への効果に
スポットを当てた、アンチエイジング型化粧品と言えるでしょう。