血行不良と肌トラブル

顔色が悪い、肌のくすみを感じる、クマが目立つ。
これらは血行不良によって起こっている肌トラブルです。

 

肌には多くの毛細血管が存在しています。
毛細血管というのは、血管の末端部分にあたる細い血管のことで、名前の通り髪の毛ほどの太さになります。
そのため、毛細血管は血液が流れにくく、ドロドロ血液が詰まりやすいという特徴があります。

 

肌の細胞は毛細血管に流れる血液から酸素と栄養を補給して、不要になった老廃物や二酸化炭素を戻してもらっています。
栄養、酸素を運ぶのは動脈、老廃物や二酸化炭素を運ぶのは静脈の役割で、動脈は赤々とした血液、静脈は黒々とした血液になります。

 

しかし、この血行に滞りが生じることで肌細胞が分裂するのに必要な栄養、酸素が十分に補給されず、さらには不要となった老廃物や二酸化炭素がいつまでも排除されなくなってしまうため細胞分裂を行うことができなくなって肌のターンオーバーに遅れが生じるようになります。

 

ターンオーバーが乱れると様々な肌トラブルが起こるきっかけとなりますので、血行と肌には深い関係があるということを覚えておきましょう。

 

血行不良による肌のトラブル

血行不良が起こると、肌には様々なトラブルが起こります。
中でも顕著に現れるのが肌のくすみです。

 

血行が悪くなると、普段は赤味のある、あるいはピンクがかった肌が浅黒く見えたり、黄ばんで見えたりします。
さらに、血行不良によるターンオーバーの低下で古い角質がいつまでも肌の表面に残ってしまい、肌の透明感が損なわれるのもくすみの原因。

 

くすみの他にもクマも血行不良によって引き起こされます。
目の周りの皮膚はとても薄いため、すぐ下に流れている毛細血管の色がストレートに反映されます。
つまり、血行不良によって二酸化炭素や老廃物を多く含んでいる血液が目の下のクマという形で透けて見えるというわけです。

 

肌のくすみとクマは老けて見える原因ですので、これを回避するためにも血行不良の改善を行なう必要があります。

 

血行不良の原因と改善方法

血行不良を起こす原因には様々なものがありますが、多くは生活習慣が関係しています。

 

疲労による毒素や老廃物の処理が低下している、ストレスによって筋肉が緊張して血行が悪くなる、寝不足によって身体に疲労が溜まり血行が悪くなる、冷え性などで血管が収縮している、肩こり・首凝りによる血行不良、喫煙などが代表的です。

 

しかしいずれも生活習慣の見直しによってかなり改善できるものばかりであることが分かります。

 

疲れを溜めないようにしっかりと睡眠を取ること、ストレスをしっかりと発散させこと、適度に運動をして筋肉をほぐすこと、姿勢が悪い人は正しい姿勢を心がけること、禁煙するなど、できることから初めて行きましょう。

 

また、フェイシャルマッサージは高い血行促進効果を期待することができます。
自宅で、自分で行うこともできますが、やはりオススメはプロの手によるマッサージです。

 

美容クリニックや美容エステなどで受けることができますので、どの程度の力でやればいいのか、どのような方法があるのかを体験してみることをオススメします。

血行不良はスキンケアの大敵!関連ページ

ニキビのケア
スキンケアを頑張っていてもニキビができてしまうことはあります。
そこで、ニキビがひどくなる前に適切な対応方法を身につけて、
ニキビ痕が出来ないスキンケアを行うようにしましょう。
ニキビの原因
思春期だけでなく大人の肌も悩ませるニキビ。
ニキビはあまり深く認識されていませんが、一種の皮膚の病気です。
ニキビは適切な処置をとらなければ、ニキビ痕ができる原因になります。
まずはニキビができるメカニズムを知り、対処方法を身につけるようにしましょう。
妊娠
妊娠すると、肌がキレイになる人と肌トラブルが起こる人がいます。 なぜそのような違いが現れるのかと言えば、妊娠によってホルモンバランスに変化が生まれるためです。
どのような変化があるのか見ていきましょう。
生理
生理前後はお肌が乾燥したり敏感になったり・・・そう感じることはありませんか?
女性の肌は生理周期と密接な関係があります。スキンケアのためには生理周期を把握し、
自分の肌の状態を知ることが大事です。
ストレス
ストレスは身体のあらゆる部分に悪影響を与える原因のひとつ。
もちろん肌もストレスの影響によって様々な症状が現れます。
そのため、スキンケアを頑張っていてもストレスによって肌がボロボロに…
ということも珍しくはありません。 ここではストレスによる肌トラブルのメカニズムと、その対処方法について紹介していきます。