入浴とスキンケア

スキンケアで大事なのが入浴です。
入浴中に毎日の洗顔を行いますし、全身を温めることによって血行促進効果を得ることができます。
また、汗をかくことで老廃物の除去やむくみの解消、毛穴の詰まりの解消などができます。
さらに忙しい毎日によって蓄積していったストレスの緩和にも効果大。
忙しい人ほど入浴はシャワーで済ませる人が多いですが、時には時間を作ってじっくりと半身浴を行うのはスキンケアの観点からもオススメです。

 

入浴中の洗顔のポイント

普通入浴前に身体を洗い、そのときに洗顔を行う人が多いのですが、スキンケアの観点から見ると入浴後に洗顔を行った方が効果的です。

 

入浴によって身体が温まることによって、血行が良くなり毛穴が開きます。
すると、汗と一緒に毛穴に詰まった汚れや皮脂を流しやすくなります。
そのため、洗顔は身体が十分に温まってからがオススメ。

 

毛穴の汚れをそのままにしておくと毛穴の開きやニキビ、吹き出物などの原因となりますのでしっかりとケアを行うようにします。
ただし、乾燥肌の人は皮脂を取りすぎると乾燥が悪化する場合があるのでとりすぎには十分に注意しましょう。

 

また、もうひとつポイントとしてできればシャンプーの後に洗顔をするようにしましょう。
先に洗顔を行うとシャンプー剤などが肌に残って肌トラブルを引き起こす原因になります。
特にシャンプーはすすぎ残しが起こりやすいので注意が必要です。

 

肌は優しく労わるように洗う

洗顔をするときにはゴシゴシと摩擦を掛けるような洗い方をしないように注意しましょう。
肌は濡れていると摩擦に弱くなりますので、指の腹を使って優しく洗っていきます。

 

洗顔料を十分に泡立てて、肌の上で泡を転がすようにして洗顔を行うようにしましょう。

 

また、週に1度くらいの頻度毛穴の詰まりを解消するスクラブ洗顔を行うとより効果的なスキンケアを行うことができます。

 

タオルは優しく

お風呂から上がるときはタオルで顔や身体を拭きますが、このときに肌を傷つけている場合があります。
タオルは私たちが思っている以上に線維が硬いため、ゴシゴシと拭いてはいけません。
清潔なタオルを肌に押し付けるようにして肌の表面に残る水分を取るのが正しいタオルの使い方です。

 

入浴の後は保湿を忘れずに

入浴後は身体の皮脂が少なくなっているので、肌が乾燥しやすくなります。
また、熱を持っているので水分が蒸発しやすいです。
そのため、入浴後はすぐに保湿を行うようにしましょう。
化粧水やローション、保湿クリームを利用して肌にしっとりと潤いを与えます。
乾燥肌が特に強いという人は、入浴中からこれらのスキンケアグッズを利用するのも有効です。

 

お湯の温度について

入浴中のお湯の温度にも気を配るようにしましょう。
熱いお湯、ぬるま湯と個人によってお湯の温度の好みが分かれますが、あまりにも高い温度は肌にとってあまりよくありません。
40度を越えるお湯に浸かると、肌の保湿成分がお湯に溶け出してしまうからです。
そのため、38度程度を目安にして入浴を行うようにしましょう。