スキンケアのための化粧水選び

洗顔の後は、皮脂が洗い流されていて水分が蒸発しやすい状態、つまり乾燥しやすくなっています。

 

そのため、洗顔後は肌が乾燥する前にすぐに化粧水で水分補給を行わなくてはなりません。

 

洗顔は、肌の汚れを落として肌の状態を清潔にすることを目的としていますが、皮脂も洗い流してしまいます。
本来はこの皮脂が肌のバリアのような働きをするので簡単に乾燥することは無いのですが、洗顔後はそうはいきません。
一分一秒が肌の乾燥を進めてしまいますので、肌に再び潤いをプラスするために化粧水を利用しましょう。

 

スキンケアのための化粧水選び

化粧水には様々なタイプがあります。

 

例えば、乾燥肌や敏感肌の人のために保湿力に特化したものや、オイリー肌の人のためにさっぱりとした使用感のあるもの、肌のトラブルを抑えるために抗炎症作用のある成分を含んだ化粧水など実に個性的なものがそろっています。

 

その中から、自身の肌質にあった化粧水を選ぶことが大事です。

 

あなたはどちら派?

化粧水のほとんどはしっとりタイプかさっぱりタイプに分かれています。
中でもオススメなのはしっとりタイプです。

 

しっとりタイプの化粧水は肌に多くの保湿効果を与えることができます。
乾燥肌の人はもちろんのこと、オイリー肌の人もしっとりタイプがオススメです。

 

オイリー肌の人は皮脂の分泌量が多いため、サッパリタイプを選ぶ傾向が強いのですが、肌の水分が不足していることが多いです。

 

そのため、肌にふっくらとした潤いを与えるためにもしっとりタイプの化粧水をベースにして、部分的にサッパリタイプを併用するなどの工夫を行うようにしましょう。

 

スキンケアのための自分にあった化粧水の選び方関連ページ

STEP2.美容液
夏場など湿度が高く乾燥が気にならないときは、洗顔後のスキンケアを化粧水だけで終わらせてしまう方もいるかもしれませんが、化粧水の水分を蒸発しないように肌にキープしておくためにも美容液を使いましょう。これも自分の肌に合ったものと必要な成分が入っているものを選ぶことが重要です。
STEP3.乳液・クリーム
スキンケアはクレンジン→洗顔→化粧水→美容液という流れが基本ですが、
それでも乾燥が気になる方は乳液やクリームを使って保湿対策をしましょう。
クリームには油分が入っているので肌の水分を閉じ込めてくれます。
混合肌の人は部分的に利用するのもよいでしょう。
みんながスキンケアにかける予算はいくら?
お肌は年齢・体調・環境、さまざまな要因によって影響を受け、トラブルが起きてしまいます。そうなるといつも通りのスキンケアでは対処できないことも。年齢や環境は自分ではどうすることもできないので、それに合ったスキンケアに変えていくことが大事です。このサイトでは肌の悩みの原因から対策まで紹介します。