ほうれい線は筋肉の低下が原因

ほうれい線は「頬の筋肉が衰える」ことによって発生します。

 

例えば喜怒哀楽が激しく、表情豊かな人というのは往々にして顔にシワができにくく、実年齢よりも若く見られがちです。

 

これは表情を変えるためには頬の筋肉を使うからです。
頬は年齢と共にはれぼったくなり、筋力が衰えていくと、頬の肉は重力に負けて下がっていきます。

 

ほうれい線はこのような筋肉低下の過程の一つの症状と言えます。
それゆえ、頬の筋肉を日頃から意識して使っていれば、ほうれい線の進行をある程度抑えることができるのです。

ほうれい線はマッサージが効果的

ではどのようなマッサージをすれば、頬の筋肉をアップさせることができるのでしょうか。

 

まず大切なのは、先に説明したように「表情を豊かにする」ことです。
寝る前などちょっとした時間に、鏡の前で意識して表情を変えてみましょう。
口を真っ直ぐ伸ばしたり、すぼめたりすると頬の筋肉をたくさん使います。

 

意外と疲れますし、最初は頬が引きつったりすることもあるかもしれませんが、それは頬の筋肉が普段使われていない証拠です。

人差し指でマッサージ

両手の人差し指を口に咥えて、一の字に横に引っ張ります。その状態を5秒維持してください。
その次は人差し指を咥えたまま、円を描くように口の中で回します。
こうすることによって頬の筋肉がほぐれ、幾分軽くなるかと思います。

舌と口でマッサージ

続いてご紹介するのは「舌」を使ったマッサージです。
会社で勤務中でも人知れずに行うことができるので、社会人の女性におすすめです。
方法は簡単。舌を口の中で左右に交互に動かすだけです。コツとしては、頬が膨らむ程度強く舌で押すことです。
次に口を閉じて頬を膨らませてください。口の中で膨らました空気を左右に移動させます。

 

このように、口を動かすことが頬の筋肉を高めることに繋がります。

笑いジワとほうれい線

笑うとほうれい線のように鼻の両脇からハの字に筋が入ることで悩んでいる女性もいますね。
「シワみたいで気になる」
「笑うのが嫌になった」

 

こんなご意見も多く見受けられます。10代、20代という若い年齢でも見られるので、女性は特に気にしてしまうようですね。
しかし、これは笑いジワと言って、加齢によって発生するほうれい線とは異なります。
笑いジワは顔の体質のようなものなので、本来ならば気にする必要はありません。

 

逆に笑うことをやめてしまうと、頬の筋肉が衰えてしまうので、年齢を重ねていったときにほうれい線によってさらに悩んでしまうことになります。

 

自分の個性だと思って胸を張って笑ってください。

 

>>ほうれい線対策コスメの体験レビューはこちら<<

ほうれい線を消すためにはマッサージをしよう!関連ページ

ほうれい線で見た目年齢が上がる
お肌は年齢・体調・環境、さまざまな要因によって影響を受け、トラブルが起きてしまいます。そうなるといつも通りのスキンケアでは対処できないことも。年齢や環境は自分ではどうすることもできないので、それに合ったスキンケアに変えていくことが大事です。このサイトでは肌の悩みの原因から対策まで紹介します。
30代のほうれい線は出産が原因!?
30代になると若い頃とは生活が一変します。
結婚・出産・育児など、人生の大きなイベントがたくさんあります。
とても素敵なことが多いのですが、それとは反対にお肌は衰え始め、
肌の悩みが増えていく頃でもあるのです。
ほうれい線対策に食事療法は有効か?
スキンケアと食事は切っても切れない関係ですが、
ほうれい線の深さも食事によって左右されるのでしょうか。
このページではほうれい線と食事の関係について紹介します。
生活習慣を正せばほうれい線が消える?
化粧水やマッサージを毎日を行っているのに、一向にほうれい線の回復に向かわない方もいます。 「化粧水が悪い」、「マッサージは効果がない」などと考えているかもしれませんが、もしかしたら別の理由かもしれません。
ほうれい線はクリニックで改善できる!
ほうれい線の治療法はいくつかありますが、
エステでももちろんのこと施術を受けることができます。
ではエステでは一般的にどのような治療法が行われるのでしょうか。
また、それは本当にほうれい線に効果があるのでしょうか。
化粧水でほうれい線を解決しよう
ほうれい線を消す最もポピュラーな方法が化粧水ですね。
化粧水にはお肌に効果的な成分が豊富に含まれていますので、
根気良く使い続ければそれなりの効果は実感できるはずです。
当サイトでもほうれい線に効く化粧品をご紹介しておりますので、
是非試してみてください。
ほうれい線専用クリーム「Pure&Silk」の魅力とは
今回ご紹介するのは「Pure&Silk」と呼ばれる化粧クリーム。
他の数多ある化粧品と異なり、「ほうれい線」と「口元のシワ」への効果に
スポットを当てた、アンチエイジング型化粧品と言えるでしょう。