妊娠による肌トラブル

かゆみや湿疹

妊娠することによって生じる肌トラブルのひとつに、肌にかゆみが生まれたり湿疹ができることがあります。
妊娠中は体温や代謝が高まるので汗をかきやすくなるのでこのような症状が起こります。
また、妊娠によって肌が乾燥しやすくなるのも原因のひとつ。
肌が乾燥することで刺激に対して敏感になるのでかゆみを感じやすくなります。
そのため、シャワーや洗顔などで肌の清潔を保ち、スキンケアグッズで十分に保湿を行うことが大切になります。

 

シミが目立つようになる

妊娠によってシミが目立つようになるのは珍しいことではありません。
これは、妊娠することによって女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが増加し、メラニン色素を生成しているメラノサイトという色素細胞を活性化させているために起こる症状です。
妊娠して女性ホルモンの分泌量が増加すると、少しの刺激によってシミや色素沈着が起こるようになるのでUVケアなどをしっかりと行うようにしましょう。

 

黒ずみが目立つようになる

シミや色素沈着は顔だけでなく全身のどこにでも起こりえます。
そのため、身体の中でも摩擦が生じやすいワキや股、恥部、乳首が黒くなるケースが多いです。
また、妊娠線の黒ずみも女性ホルモンの分泌に伴って起こると考えられます。
妊娠による黒ずみ対策としては、肌にできるだけ摩擦をかけないように工夫すること。
下着などを肌に優しい綿やシルクなどに変えるだけで随分と緩和します。

 

妊娠後の肌トラブル

10ヶ月ほどの妊娠期間が終わり、出産後に肌の調子が乱れるケースも多く挙がっています。
これは出産によって女性ホルモンのバランスが急激に変化するために起こるもの。
そのため、一時的に肌にトラブルが起こることがあります。
具体的には肌の乾燥が強くなったり、吹き出物が出来やすくなるなどの状態になりやすくなりますが、基本的には優しい洗顔と、適切な保湿というシンプルなスキンケアを心がけることが大事です。

妊娠時はどんなスキンケアをすればいいの?関連ページ

血行不良
あなたは今冷え性や肩こりで悩んでいませんか? それは血行不良を起こす原因となり、放っておくとそのうちお肌にも影響が出てきます。
血行不良がどうしてお肌にトラブルをもたらすのか見ていきましょう。
ニキビのケア
スキンケアを頑張っていてもニキビができてしまうことはあります。
そこで、ニキビがひどくなる前に適切な対応方法を身につけて、
ニキビ痕が出来ないスキンケアを行うようにしましょう。
ニキビの原因
思春期だけでなく大人の肌も悩ませるニキビ。
ニキビはあまり深く認識されていませんが、一種の皮膚の病気です。
ニキビは適切な処置をとらなければ、ニキビ痕ができる原因になります。
まずはニキビができるメカニズムを知り、対処方法を身につけるようにしましょう。
生理
生理前後はお肌が乾燥したり敏感になったり・・・そう感じることはありませんか?
女性の肌は生理周期と密接な関係があります。スキンケアのためには生理周期を把握し、
自分の肌の状態を知ることが大事です。
ストレス
ストレスは身体のあらゆる部分に悪影響を与える原因のひとつ。
もちろん肌もストレスの影響によって様々な症状が現れます。
そのため、スキンケアを頑張っていてもストレスによって肌がボロボロに…
ということも珍しくはありません。 ここではストレスによる肌トラブルのメカニズムと、その対処方法について紹介していきます。