スキンケアのための乳液、クリーム選び

スキンケアの基本となる、化粧水、美容液を使用してもまだ乾燥が気になる場合には乳液やクリームを利用するようにします。

 

乳液やクリームは、水分と油分が混ざり合ったスキンケアグッズで肌の水分が蒸発するのを防ぐ効果があります。
乳液は比較的水分が多く、クリームは油分が多いという特徴があり、肌のかさつき具合の程度に合わせて使い分けるようにしましょう。

 

これらは、特に肌が乾燥しない人にとっては不要のものです。
標準的な肌質であれば、皮脂が自然に分泌されて肌を保護してくれるため乾燥を防ぐことができるのですが皮脂の分泌量が少ない人はバリア機能が低下しているため、乳液やクリームを皮脂の代わりとして活用するようにします。

 

乳液とクリームの選び方

乳液やクリームには油分が含まれていますが、あまりにも油分が多すぎる場合には肌にとってトラブルを引き起こす原因になるため注意が必要です。
肌に油分が過剰に加わることで毛穴の詰まりや肌荒れ、ニキビや吹き出物が起こる可能性があります。
使用感がベタベタしすぎないもの、比較的さっぱりとしている乳液やクリームを選ぶようにしましょう。

 

乳液、クリームでのスキンケア

乳液やクリームを使うときには、乾燥が気になる部分にだけ使用するようにしましょう。
乾燥しやすい部分は、目元と口元です。
これらの部分に薄く塗るだけで十分効果を実感することができます。
また、使用する順番にも注意しましょう。
洗顔→化粧水→美容液→乳液、クリームという順で使用していきます。
先に乳液やクリームを使ってしまうと、肌に油分によるコーティングが出来て化粧水や美容液などの有効成分がブロックされてしまいます。

乾燥が気になる人はスキンケアに乳液をプラスしよう関連ページ

STEP1.化粧水
化粧水は、洗顔してキレイになった肌に一番最初に吸収させるとても重要な水分です。 自分の肌質にあったものをたっぷり使うことで十分なスキンケア効果が期待できます。 まずは自分がどのような肌かを知り、それにあった化粧水を選ぶことが大事です。
STEP2.美容液
夏場など湿度が高く乾燥が気にならないときは、洗顔後のスキンケアを化粧水だけで終わらせてしまう方もいるかもしれませんが、化粧水の水分を蒸発しないように肌にキープしておくためにも美容液を使いましょう。これも自分の肌に合ったものと必要な成分が入っているものを選ぶことが重要です。
みんながスキンケアにかける予算はいくら?
お肌は年齢・体調・環境、さまざまな要因によって影響を受け、トラブルが起きてしまいます。そうなるといつも通りのスキンケアでは対処できないことも。年齢や環境は自分ではどうすることもできないので、それに合ったスキンケアに変えていくことが大事です。このサイトでは肌の悩みの原因から対策まで紹介します。