オイリー肌とは

オイリー肌は、皮脂の分泌が過剰な肌のことをいいます。

 

皮脂が多く分泌されるので、顔のテカりが目立ち、メイクのノリが悪い、崩れやすいなどの問題があります。
皮脂は汗などと混ざり合うことで乳化して顔の表面を覆うための皮脂膜を作り出します。
これによって肌の水分の蒸発を防いで乾燥から肌を守ったり、外部からの刺激からは肌を保護しています。

 

しかし過剰に皮脂が分泌されるようになると空気中に漂っている汚れやホコリを吸着しやすくなったり、皮脂が酸化することによって雑菌が繁殖して炎症を引き起こしやすくなります。
 
また、皮脂が毛穴に詰まることによってニキビや吹き出物、毛穴の黒ずみなどを引き起こしやすいという特徴もあります。

 

普通、顔の中でオイリーになりやすい部分と言えばTゾーンですが、オイリー肌の人はUゾーン(あごや頬のライン)のオイリーも気になる人が多く、アゴのニキビに悩む人も少なくありません。

 

>>私が脂性を克服できた3つの方法はこれ!

オイリー肌のための洗顔

クレンジング

オイリー肌の人は皮脂の分泌が多いため、汚れが肌に付着しやすい傾向にあります。

この汚れが毛穴に詰まると毛穴の黒ずみや炎症などの原因になるためクレンジングでしっかりと皮脂汚れなどを落とすようにしましょう。

 

なお、クレンジング剤選びについてですが、皮脂が多く分泌されているとかなりしっかりした洗浄力のものを選びたくなるかもしれません。
しかし皮脂を多く取り除きすぎると肌に負担がかかってしまうので、クリームタイプやミルクタイプなどの比較的マイルドなものを選ぶようにしましょう。

 

洗顔

洗顔料はできるだけ肌に刺激を与えないものを選ぶようにしましょう。
洗顔料による刺激によって、肌を守るために皮脂が過剰に分泌されるケースが考えられます。
また、洗浄力が強すぎるのもNG
テカリが気になると、どうしても洗浄力の強いスクラブ洗顔やメンソール配合のものを選びがちですが、洗浄力が強い洗顔料を使うと肌に必要な皮脂が流れてしまい肌の乾燥が進んで皮脂が大量に分泌される原因となります。
洗浄力がマイルドで、刺激物無添加の洗顔料を選ぶようにしましょう。

 

洗顔方法

洗顔方法についてですが、ゴシゴシと洗うのは避けるようにしましょう。
肌に傷が付いて炎症が起こる可能性があります。
基本は十分に泡立てた洗顔料を指の腹で転がすイメージで優しく丁寧に行うようにしましょう。
また、顔全体を過剰に洗顔すると乾燥肌を作る原因になるため、TゾーンやUゾーンなどテカリが強い部分だけに洗顔料を利用するのも有効な手段となります。

 

>>オイリー肌の人にオススメのコスメはこちら<<

オイリー肌を改善するためのスキンケア術関連ページ

脂っぽいオイリー肌を改善させる簡単な方法
オイリー肌とはニキビや吹き出物が出来やすい肌質のことを言います。
一言でオイリー肌と言っても、全体的に脂っぽかったり部分的であったり、
一部はオイリーなのに他は乾燥していたりと、症状は様々です。
そこでここでは悩めるオイリー肌の人のためのスキンケアについて紹介していきます。
脂性の私が肌質改善できた理由
憧れるのは絹のようなすべらかなお肌。
でも現実は脂でテッカテカ・・・そんなの嫌ですよね。
このページはそんな脂性を克服した私の3つの秘訣を教えちゃいます。