生活習慣の重要性

社会進出が目立つ現代の女性は何かと生活が偏りがちです。
自炊して栄養のある食事は毎日摂ることができても、それ以外の部分でずぼらになっている人も多いのではないでしょうか。

 

偏った生活習慣は自律神経の乱れを引き起こし、ホルモンバランスまで崩れます。

 

生理不順の人は何かと肌トラブルを持っていますが、これも乱れたホルモンバランスが肌に悪影響を与えているに他なりません。

睡眠は十分にとろう

最低でも6時間の睡眠、ベストは8時間睡眠と言われています。
これ以上短いと肌細胞の働きが低下してしまいます。肌のかさつきや吹き出物、シワの原因にもなります。

 

また就寝時間は夜の10時が理想とされています。
これは副交感神経が最も活発に働き、身体を回復させ細胞分裂がされるのが夜の10時から夜中の2時までと言われているからです。
残業で帰宅時間が遅くなる人もいるでしょうが、最低でも0時前までには就寝したいところです。

 

また、中には「電気を暗くしても眠れない」という女性もいますね。
仕事で不安やストレスを抱えていると、交感神経が活発化しているのが原因です。
ただし、眠れなくても電気を消して部屋を暗くし、目を瞑って横になるだけでも問題ありません。
身体は次第に休息に向かい、序々に交感神経と副交感神経のスイッチが入れ替わります。

姿勢を大切に

「ほうれい線が片方だけに出る」という方もいます。

 

しかし、これは老化が原因のほうれい線ではなく、姿勢が悪いことによって生じる一時的なほうれい線の可能性が大きいと言えます。

 

ほうれい線を呼び起こす最も悪い姿勢は「猫背」です。
身体を丸めて顎を突き出すような姿勢は自分的にはラクですが、実は身体に負担がかかっています。
身体全体の筋肉が下がってしまうので、それにつられて顔の筋肉も低下することとなります。

 

背筋を真っ直ぐ伸ばし、顎を引き、両肩が真っ直ぐなるような姿勢を意識して維持するように心がけてください。
特に事務職で1日中座っている方は要注意です。

噛みあわせが原因のほうれい線

こちらも片方だけほうれい線ができてしまったときは疑うべきポイントです。
食べ物を毎回決まった箇所で噛む。歯並びが悪い。歯痛がよく発生する。

 

食べ物を口の中で噛んでいるときは、皆さんが思っている以上に口の筋肉を使っているのです。
口と舌を動かせば、それに合わせて頬の筋肉も動きます。
しかし、噛みあわせが悪く、いつも片方の口しか動かしていない場合、筋肉は片方しか発達しません。

 

すると、もう片方の筋肉は低下し、そちらの部分のみほうれい線という形で症状が現れることがあります。
該当する方は、歯を矯正したり、意識して左右バランスよく食べ物を噛むことが大切です。

毎日の洗顔方法

少しの時間でも外に出れば、大気に舞っているチリ、埃、細菌、排気ガスなどが顔に付着します。
その都度洗顔して、顔を清潔に保たなければ、毛穴に埃や細菌が溜まり、ニキビや脂性肌の元となります。

 

特に細菌が毛穴に侵入すると、肌細胞の働きがとまりますので、ほうれい線となるシワの発生にも繋がります。

 

注意点は化粧時の洗顔です。
化粧を落とす際は、クレンジングなどを併用してしっかりと落とさなければ、化粧の洗い残しが皮脂となって毛穴に入り込んでしまいます。

 

また、洗顔をしないで化粧をしてしまうと、埃や細菌が顔に付着したまま美容液や乳液によって顔を保護してしまいますので、こちらも不衛生です。

 

このように日々の生活習慣を見直してみると、ほうれい線の原因となるポイントがいくつもあることが分かります。
もし上記に1つでも該当する方は、今日からでも見直し、規則正しい生活習慣をおくるようにしましょう。

 

>>ほうれい線対策コスメの体験レビューはこちら<<

生活習慣を正せばほうれい線が消える?関連ページ

ほうれい線で見た目年齢が上がる
お肌は年齢・体調・環境、さまざまな要因によって影響を受け、トラブルが起きてしまいます。そうなるといつも通りのスキンケアでは対処できないことも。年齢や環境は自分ではどうすることもできないので、それに合ったスキンケアに変えていくことが大事です。このサイトでは肌の悩みの原因から対策まで紹介します。
30代のほうれい線は出産が原因!?
30代になると若い頃とは生活が一変します。
結婚・出産・育児など、人生の大きなイベントがたくさんあります。
とても素敵なことが多いのですが、それとは反対にお肌は衰え始め、
肌の悩みが増えていく頃でもあるのです。
ほうれい線対策に食事療法は有効か?
スキンケアと食事は切っても切れない関係ですが、
ほうれい線の深さも食事によって左右されるのでしょうか。
このページではほうれい線と食事の関係について紹介します。
ほうれい線はクリニックで改善できる!
ほうれい線の治療法はいくつかありますが、
エステでももちろんのこと施術を受けることができます。
ではエステでは一般的にどのような治療法が行われるのでしょうか。
また、それは本当にほうれい線に効果があるのでしょうか。
化粧水でほうれい線を解決しよう
ほうれい線を消す最もポピュラーな方法が化粧水ですね。
化粧水にはお肌に効果的な成分が豊富に含まれていますので、
根気良く使い続ければそれなりの効果は実感できるはずです。
当サイトでもほうれい線に効く化粧品をご紹介しておりますので、
是非試してみてください。
ほうれい線を消すためにはマッサージをしよう!
自宅で気軽に行えるマッサージでも、ほうれい線対策をすることができます。
高価なエステに通わずとも、日々続けていればしっかりとした効果を
実感することができるはずです。
ほうれい線専用クリーム「Pure&Silk」の魅力とは
今回ご紹介するのは「Pure&Silk」と呼ばれる化粧クリーム。
他の数多ある化粧品と異なり、「ほうれい線」と「口元のシワ」への効果に
スポットを当てた、アンチエイジング型化粧品と言えるでしょう。