洗顔料の選び方

スキンケアのための洗顔料の選び方ですが、きちんと汚れを落とすことができるものを選びましょう。

洗顔後に、肌にきゅっきゅっという感触があれば、しっかりと肌の汚れを落とすことができているというサインになります。
洗浄力がマイルドな洗顔料は、確かに肌に皮脂を残すことができるのでスキンケアには有効なのですが、汚れを落とす力も低いためにしっかりと洗浄を行うことができていない場合もあるので注意が必要となります。

 

洗顔の注意

オイリー肌の人に多く見られるのが、ゴシゴシと摩擦をかけるようにして洗顔を行うパターンです。
皮脂が多く出るオイリー肌の人は、しっかりと皮脂を流そうとしてゴシゴシ洗顔をしがち。
しかし摩擦をかけると肌は傷ができてしまい、そこから炎症が起こることもあります。
そのため、泡立てネットなどで十分に泡立てた洗顔料を顔に乗せて、指の腹で優しく転がすようにして洗顔を行うようにしましょう。

 

洗顔料の種類

石鹸タイプ

様々なタイプのものがある、洗顔料の基本となるタイプです。
弱酸性のものからアルカリ性まで幅広い個性を持っています。

フォームタイプ

最近の主流になっているチューブに入ったタイプの洗顔料です。
泡立ちが豊かなものが多く、肌質に合わせたものを選ぶようにしましょう。

ジェルタイプ

ジェル状の洗顔料で、ジェルが顔を包み込むことで優しく洗い上げることができます。
比較的つっぱり感の少ないものが多いです。

泡タイプ

ボトルに入っているものが多く、プッシュすることで最初から泡が出てきます。
忙しい朝の洗顔などにオススメです。

洗顔料の選び方

スキンケアのための洗顔料の選び方ですが、きちんと汚れを落とすことができるものを選びましょう。
洗顔後に、肌にきゅっきゅっという感触があれば、しっかりと肌の汚れを落とすことができているというサインになります。
洗浄力がマイルドな洗顔料は、確かに肌に皮脂を残すことができるのでスキンケアには有効なのですが、汚れを落とす力も低いためにしっかりと洗浄を行うことができていない場合もあるので注意が必要となります。

 

洗顔の注意

オイリー肌の人に多く見られるのが、ゴシゴシと摩擦をかけるようにして洗顔を行うパターンです。
皮脂が多く出るオイリー肌の人は、しっかりと皮脂を流そうとしてゴシゴシ洗顔をしがち。
しかし摩擦をかけると肌は傷ができてしまい、そこから炎症が起こることもあります。
そのため、泡立てネットなどで十分に泡立てた洗顔料を顔に乗せて、指の腹で優しく転がすようにして洗顔を行うようにしましょう。

 

洗顔料の種類

石鹸タイプ

様々なタイプのものがある、洗顔料の基本となるタイプです。
弱酸性のものからアルカリ性まで幅広い個性を持っています。

 

フォームタイプ

最近の主流になっているチューブに入ったタイプの洗顔料です。
泡立ちが豊かなものが多く、肌質に合わせたものを選ぶようにしましょう。

 

ジェルタイプ

ジェル状の洗顔料で、ジェルが顔を包み込むことで優しく洗い上げることができます。
比較的つっぱり感の少ないものが多いです。

 

泡タイプ

ボトルに入っているものが多く、プッシュすることで最初から泡が出てきます。
忙しい朝の洗顔などにオススメです。

スキンケアの基本は洗顔にあり!関連ページ

肌に優しいクレンジング
お肌の状態が悪くても日々しなくてはならないメイク。 肌への刺激を最小限に抑えてスキンケアをするならクレンジングに気を遣いましょう。
今肌荒れで悩んでいる人は今使用しているクレンジング剤が自分に合っているものか見直す必要があります。