生理に合わせたスキンケア

毎日スキンケアに十分な力を入れているのに肌の調子は良い日、悪い日があります。その原因のひとつに生理が関係しています。

 

女性にとって、生理は毎月起こるもの。
生理によって肌の状態は変化しますので、それに合わせたスキンケアを行う必要があります。

 

スキンケアは、季節に合わせたもの、体調に合わせたもの、生理にあわせたものと状況に合わせて行う事が大事です。

 

生理中はどのように肌に変化が生まれるのでしょうか。
まず、生理は一般的に28日周期でおこります。
この28日周期は7日ごと、つまり1週間ごとに4つに分けることができます。

月経期

生理がおきてからの1週間を月経期と言います。
いわゆる生理中のこと。
この月経期は体温が低くなっており、血行が悪くなったり肌の乾燥が強くなります。
そのため、一番は保湿を優先することが大事です。
肌を乾燥させないためには化粧水や乳液、クリームなどを乾燥しやすい部分に念入りに使うようにしましょう。

卵胞期

月経期の次は卵胞期が訪れます。
卵胞期は女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が高まる時期で、肌に潤いとツヤを与えてくれます。
肌の調子がとても良くなるので、ピーリングなどの角質ケアを行うなら卵胞期がオススメです。

調整期(黄体期前期)

卵胞期の次は調整期(黄体期前期)に入ります。
エストロゲンの分泌量が落ち着いてきて再び肌が乾燥しやすくなるので保湿を入念に行うようにしましょう。

黄体期後期

黄体期後期は、生理前の状態で肌の調子が生理の周期の中で最も悪い時期となります。
これまで乾燥しがちだった肌はオイリーになりやすくなるので、吹き出物や毛穴の詰まりが起こりやすくなります。
また、肌が外部からの刺激にとても敏感になるため、紫外線などの影響も受けやすいです。
UVカットや刺激の強い洗顔料やスキンケアグッズの使用を控えることが大事。
また、身体の内側からのスキンケアを入念に行うようにしましょう。

このように、生理中の肌は刻々と変化し続けています。
それぞれで別物の肌質になったかと思うほど変化の強い人もいますので、肌の状況に合わせたスキンケアを心がけて、いつでも美しい肌を実現するように努力しましょう。

生理周期に合わせてスキンケアを変えよう関連ページ

血行不良
あなたは今冷え性や肩こりで悩んでいませんか? それは血行不良を起こす原因となり、放っておくとそのうちお肌にも影響が出てきます。
血行不良がどうしてお肌にトラブルをもたらすのか見ていきましょう。
ニキビのケア
スキンケアを頑張っていてもニキビができてしまうことはあります。
そこで、ニキビがひどくなる前に適切な対応方法を身につけて、
ニキビ痕が出来ないスキンケアを行うようにしましょう。
ニキビの原因
思春期だけでなく大人の肌も悩ませるニキビ。
ニキビはあまり深く認識されていませんが、一種の皮膚の病気です。
ニキビは適切な処置をとらなければ、ニキビ痕ができる原因になります。
まずはニキビができるメカニズムを知り、対処方法を身につけるようにしましょう。
妊娠
妊娠すると、肌がキレイになる人と肌トラブルが起こる人がいます。 なぜそのような違いが現れるのかと言えば、妊娠によってホルモンバランスに変化が生まれるためです。
どのような変化があるのか見ていきましょう。
ストレス
ストレスは身体のあらゆる部分に悪影響を与える原因のひとつ。
もちろん肌もストレスの影響によって様々な症状が現れます。
そのため、スキンケアを頑張っていてもストレスによって肌がボロボロに…
ということも珍しくはありません。 ここではストレスによる肌トラブルのメカニズムと、その対処方法について紹介していきます。