シミの原因と対策

毎日のスキンケアや紫外線対策を行っていても、茶色いシミがいつの間にか出来ていたらショックですよね。
シミは一度できると簡単に治すことができない厄介な存在です。
毎日のスキンケアやシミ予防を行うことはとても重要なのですが、これらでは出来てしまったシミの改善を行なうことはできません。
そのため、シミを改善するために行うためのスキンケアを覚えておくようにしましょう。
まずはシミのメカニズムについて紹介していきます。

 

シミが出来る原因について

シミの原因は、メラニン色素という色素成分です。

 

紫外線を浴びることによってメラノサイトという色素細胞がメラニン色素を生成します。

 

このメラニン色素が肌に侵入してきた紫外線を吸収するので肌へのダメージが最小限に抑えられています。
通常、このメラニン色素は肌のターンオーバーと共に体外へと排出されるのですが、ターンオーバーに乱れが生じるとメラニン色素の排出がうまくできなくなってシミとなります。

 

シミ対策

シミが出来たら、まずはスキンケアによって対策を行うようにしましょう。
シミを改善するためには、美白成分が配合されているスキンケアグッズを活用することが有効です。

 

厚生労働省によって認められている美白成分は以下のようなものがあります。

  • カモミラET
  • トラネキサム酸
  • シクロアミノ酸誘導体
  • アルブチン
  • コウジ酸
  • エラグ酸
  • ルシノール
  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタエキス
  • リノール酸
  • 4MSK

 

厚生労働省に認定されていなくても十分な美白効果を発揮する成分は多くあります。
一般的に医薬品や医薬部外品のほうが化粧品よりも高い効果を発揮すると考えられがちですが、実際には化粧品の中にも優れた美白効果を持つ成分は多くあります。

 

ピーリングでターンオーバーを促進

ターンオーバーが乱れてしまうと、シミの原因となるメラニン色素が排出されなくなってしまいます。
そこで、ピーリングを行ってターンオーバーを促進させるとシミ改善に効果を発揮することができます。
ピーリングは肌の表面にある古い角質を剥がして、新しい肌を前面に押し出すことで肌のターンオーバーを高めるという手法です。

 

ピーリングを行うにはピーリング背引用の石鹸やローション、ジェルなどを活用します。
これらを購入すれば自宅でのピーリングも可能ですが、肌に強い刺激を与える場合もあるので、くれぐれも説明書に書かれていることを十分に守るようにしましょう。

 

また、さらに高いピーリングによるシミ改善を行ないたい場合にはエステなどで行われているケミカルピーリングやレーザーピーリングを活用してみましょう。