ストレスとスキンケア

ストレスの種類

ストレスには大きく分けて2種類があります。
ひとつは、空気の乾燥や紫外線、摩擦、ホコリなどによる外的なストレスです。
もうひとつは疲労、睡眠不足、食生活の乱れ、対人関係などによる内的なストレスです。
これらのストレスはどちらも肌に悪影響を与えてしまいます。

 

ストレスと活性酸素の関係

ストレスを感じることによって、活性酸素が大量に発生します。
活性酸素は強い酸性で肌の細胞を弱酸性から強い酸性に変えてしまうスキンケアの大敵。
細胞が酸化すると老化の進行が早くなったり、炎症を起こしやすくなったりするので肌トラブルが起こりやすくなります。

 

活性酸素を発生させる原因には外的なストレスが主なものになります。
特に紫外線は活性酸素を多く生成する原因となるので、UVケアが必要不可欠。

 

その他にも、内的なストレスによっても活性酸素が多く分泌されるようになってしまいます。
ストレスを感じると筋肉の収縮が起こって血行が悪くなってしまいます。
すると活性酸素が多く生み出されるようになります。
ストレスだけでなく喫煙も血行不良を引き起こす原因のひとつなので、喫煙が肌に悪いというのはこのような部分によるものです。

 

活性酸素は活きていく上で必ず生成されるものです。
毎日のスキンケアの中でいかにして活性酸素の生成を抑えて、活動を阻害させることができるかが鍵となります。
抗酸化作用を持っているビタミンCポリフェノールを食事などで積極的に摂取すると活性酸素の活動を阻害して肌トラブルを抑えることができます。

 

ストレスが及ぼす影響

ストレスによるホルモンバランスの乱れ

ストレスを感じることによって、ホルモンバランスに乱れが生じます。

ストレスは身体にとって刺激となるものですので、身体はこのストレスに対策を取るために男性ホルモンを多く分泌するようになります。

 

男性ホルモンが多く分泌されると皮脂が過剰に分泌されるようになるため、毛穴の詰まり、ニキビなどの吹き出物が起こりやすくなります。

 

また、男性ホルモンが多く分泌されると女性ホルモンの分泌が低下して、肌に潤いを与える効果が落ちてしまいます。
そのため混合肌にもなりやすくなります。

 

ストレスによる内臓機能の低下

ストレスは内臓にも様々な影響を与えます。
よく言われるのが、ストレスによる胃痛です。
特に消化器官にダイレクトに伝わるものなので、胃腸の調子が悪くなりがち。
胃腸の調子が悪くなると、食事を十分に消化・吸収することが出来なくなるので肌のターンオーバーに必要な栄養を摂取することが出来なくなってしまいます。
また、ストレスによって肝臓の機能が低下すると、毒素や老廃物の分解・除去機能が低下して血液がドロドロになり、これもまた肌のターンオーバーを低下させる原因となります。

 

ストレスを上手に発散するには

ストレスを上手に発散しながらスキンケアを行うには、バスタイムを工夫することをオススメします。
じっくりとバスタブに浸かるだけでストレスによってあらぶる自律神経を落ち着かせてストレス解消に効果を得ることができます。

 

また、アロマを入浴に取り入れることでより効果的なリラックス効果を得ることができます。

スキンケアを邪魔するストレス関連ページ

血行不良
あなたは今冷え性や肩こりで悩んでいませんか? それは血行不良を起こす原因となり、放っておくとそのうちお肌にも影響が出てきます。
血行不良がどうしてお肌にトラブルをもたらすのか見ていきましょう。
ニキビのケア
スキンケアを頑張っていてもニキビができてしまうことはあります。
そこで、ニキビがひどくなる前に適切な対応方法を身につけて、
ニキビ痕が出来ないスキンケアを行うようにしましょう。
ニキビの原因
思春期だけでなく大人の肌も悩ませるニキビ。
ニキビはあまり深く認識されていませんが、一種の皮膚の病気です。
ニキビは適切な処置をとらなければ、ニキビ痕ができる原因になります。
まずはニキビができるメカニズムを知り、対処方法を身につけるようにしましょう。
妊娠
妊娠すると、肌がキレイになる人と肌トラブルが起こる人がいます。 なぜそのような違いが現れるのかと言えば、妊娠によってホルモンバランスに変化が生まれるためです。
どのような変化があるのか見ていきましょう。
生理
生理前後はお肌が乾燥したり敏感になったり・・・そう感じることはありませんか?
女性の肌は生理周期と密接な関係があります。スキンケアのためには生理周期を把握し、
自分の肌の状態を知ることが大事です。