睡眠とスキンケアの関係

肌のターンオーバーが起こるのは22時から2時の間に多く分泌される成長ホルモンによります。
つまり、この時間帯に睡眠を取らなければ、成長ホルモンの分泌が低下してしまい肌のターンオーバーが遅くなる、つまりいつまでも古い角質が肌に残ってしまい、肌のくすみやシワ、乾燥などの原因になります。

 

そのため、睡眠は美肌作りに深い関係のあるものであることを覚えておきましょう。

スキンケアのために睡眠の質を高める

22時から2時の間に睡眠を取ったとしても、深く眠ることが出来なければ成長ホルモンは十分に分泌されません。
そのため、睡眠の質を高めることもスキンケアにとって重要になります。
睡眠の質を高めるためには以下のようなポイントがあります。

 

寝る時間帯を決める

毎日何時に寝て何時に起きる、という生活リズムを作ることで、自然と決まった時間に眠気が来て眠りに入りやすくなります。

 

寝具を選ぶ

睡眠と寝具には深い関係があります。
例えば夏に掛け布団を使うと暑くて眠れたものではありません。
適度な温度、湿度を保つことができる寝具を選ぶようにしましょう。
また、重すぎる寝具は快眠の妨げとなるのでできるだけ軽い寝具を選ぶのもポイントの一つです。

アロマでリラックス

より眠りを深くするために、リラックス効果のあるアロマオイルやアロマキャンドルを利用すると睡眠の質を高めることができます。

 

 

スキンケアの奥義は質のいい睡眠にあり関連ページ

ターンオーバー
スキンケアや、美肌作りでよく耳にする「ターンオーバー」という言葉。
ターンオーバーが大事だということはなんとなく分かるけれど、結局のところ何なの?と思っている方もいらっしゃるかと思います。 そこでここではスキンケアと深い関係のある肌のターンオーバーについて紹介していきます。
食事
あなたは昨日、何を食べたか思い出せますか?
日々食事の栄養バランスに気をつけていますか?
食事は身体を作る大事な行為です。美肌を作るためにも食事には気を遣いましょう。