ターンオーバーとは

肌の新陳代謝、つまり肌の生まれ変わりのことをターンオーバーと言います。

 

肌は大きく分けて3つの層から成り立っています。
表面部分となる表皮層、その下にある真皮層、そして最も深い部分にあたる皮下組織層の3つです。

 

皮下組織層では次々に細胞分裂が起こって新しい肌とを作り続けています。
作られた肌はどんどん表面へと押し上げられていって、最終的に角質となり、ある程度の期間をもって垢として剥がれ落ちます。

 

この一連の流れをターンオーバーと言います。

このように、肌は常に生まれ、剥がれるのを繰り返しているためいつまでもハリと潤いのある肌をキープすることができます。

ターンオーバーの周期

ターンオーバーは顔の皮膚だけでなく全身の皮膚で行われています。

 

身体の部位によってターンオーバーの早さは異なっていて、顔であればおおよそ28日周期で、遅い部分である手足は56日周期で繰り返されています。

 

もちろん、このターンオーバーの周期には個人差があるので一概にとはいえませんが、おおよその人はこれに該当します。

 

年齢とターンオーバー

年齢を重ねるにつれて、血行が悪くなったり新陳代謝が低下することによってターンオーバーの周期が長くなります。

 

30代から40代の人になると、肌のターンオーバーがおおよそ40〜45日程度にまで伸びます。
そのため、若い頃と比べて傷の治りが遅く感じることがあるわけです。
肌にシミが増えてきたり、くすみ感じるようになったらターンオーバーが低下している証拠ですので、そのサインを見逃すことの無いようにしましょう。

ターンオーバーを正常にするためには

ターンオーバーは遅いことが問題だと言われがちですが、あまりにも早い周期でのターンオーバーも問題です。

 

ターンオーバーの乱れを正常に保つためには、適切な睡眠時間、規則正しい生活リズム、栄養バランスの取れた食事、適度な運動、ストレスを上手に発散することなど、日常生活の習慣の見直しが重要になります。

また、定期的なピーリングも効果的。
ピーリングというのは、肌の表面にある古い角質を落とすことでその下にある新しい皮膚を表面に出すこと。

専用のピーリング剤を利用したり、マッサージを行うことでピーリングができます。

 

もちろん、家庭でのピーリングは可能なのですが程度が分からないと肌に大きな負担を与えて肌トラブルを引き起こす可能性があるので、美容クリニックやフェイシャルエステなどを利用することをオススメします。


ターンオーバーを高めるには血行促進が必要不可欠

ターンオーバー、つまり肌の新陳代謝を高めるためには血行促進が重要となります。
というのは、ターンオーバーを行うためには肌細胞が分裂するための栄養や酸素が必要だからです。

 

これらの栄養や酸素を運んでいるのは血液。
つまり血行が良くなればその分多くの栄養と酸素が肌細胞に供給されて活性化し、肌のターンオーバーが促進されるということになります。

血行を促進するためには、まずは運動が大事です。
例えば毎日ウォーキングをするだけでも十分に血行促進効果を生み出すことができますし、入浴でも血行促進が可能です。
また、フェイスマッサージ、ホットマスクも滞った血液を流すことができます。

 

血行促進を行うためには、血管の柔軟さ、そして血液そのものがサラサラとした流れやすいもので無ければなりません。

 

そのため、血液をドロドロにする原因となっている脂肪の多い食事や糖分の多い食事は出来るだけ控えて、血行促進効果のあるビタミンEを食事で摂取するようにしましょう。
ビタミンEはナッツ類や植物油、アボガドに多く含まれています。

 

美肌を作るのに欠かせないターンオーバーとは?関連ページ

睡眠
美肌を作るためには肌のターンオーバーを活発にさせることが大事です。
ターンオーバーとは肌の生まれ変わりのこと。 つまり若くて瑞々しい肌を常にキープするためにはいつでも新鮮な肌でいなくてはなりません。 ではターンオーバーを高めるためにはどうしたらいいのかと言えば、睡眠が重要なキーとなります。
食事
あなたは昨日、何を食べたか思い出せますか?
日々食事の栄養バランスに気をつけていますか?
食事は身体を作る大事な行為です。美肌を作るためにも食事には気を遣いましょう。